陽気に誘われて散歩に

今朝はもう100歳近い婆さんのを朝10時過ぎに起こす。カミさんがおしめの交換。1回入院したら病人になって戻ってきてしまった。やはり寝かせるままは病人になってしまう。入院する前は両手杖だが、自分でトイレにも行っていたのに。困ったことだ。いまは半日のリハセンター行きでお風呂とリハビリにいそしんでいる。これでだんだん昔のようになってくれればカミさんも助かるのだが。本当に老々介護になってしまった。そのごテーブルにつかせて遅い朝食。私は一段落ついたので、表の落ち葉掃き。今日はそれほど落ち葉はなかった。ついでに前の家のとこも掃いておく。前の奥さんが顔を出して挨拶。いつもすいませんねと。ついでですよと。その後陽気がよいので町内の隣町のスポーツ公園までの散歩。こーとを着ていった。このスポーツ公園までは20分くらい。大きい公園でジョギングしているひと、犬の散歩をしている人、テニスを楽しんでいる人等がいる。今日は平日なので、小さい親子連れは少なかった。ここは緑の広場があるので、歩き始めた幼児にはちょうどいい。私は公園の中を2周した。ここの公園に歯トイレが3か所あるので、年寄りには助かる。安心して歩くことができる。トイレの心配をしなくてすむ。その後途中で一休みして、またぶらぶらと歩いて帰宅した。この間新築住宅を建てていた家にもう人が住んでいた。こんな町内の外れがすぐに売れてしまうのにびっくり。小さい敷地だが、駐車場は2台。その代わり庭は皆コンクリートになっていた。若い人には庭はこれで充分だと思った。私のとこももう庭木の大部分を切ってしまった。もう剪定もままならない。途中のバス停でコ-トを脱いだ。今日は暖かかった。梅がもう満開だ。あと1か月も過ぎればサクラの声も聞こえてくるだろうと思った。まあまあの散歩であった。閉めて7400歩。http://www.usabda-norcal.org/